自分の乗ってる通勤バスが事故にあったら

自分の乗ってる通勤バスが事故にあったら!?


労災(=労働災害)とは、労働者が業務中や通勤時に遭遇する、怪我や病気をともなう災害を意味します。
そしてその災害が労災と認定されたなら、労災保険によって補償がなされることになります。

労働災害には、業務中に発生する業務災害と、通勤中に発生する通勤災害があります。
ここでは特に通勤時の労災認定について、さまざまなケースを見ていこうと思います。

通勤時間は労働時間? 労災は適用されるのか

そもそも通勤時間とはなにか

国が認める通勤とは、労働者が就業に関し、合理的な経路及び方法により往復する時間のことをいいます。
この通勤時間に生じた災害については、労働災害として取り扱われるため補償対象となるわけです。

通勤時間あれば、労働時間と同程度の扱いとなる

つまり「通勤時間はただ電車やバスに乗っているだけで、仕事をしているわけではないから労働災害が認められない」といった考えは間違いということになります。

労働のための「下準備」としての通勤もまた、広義では労働の一部、あるいは付帯要素と見なされていますから、当然労働時間と同様の扱いになるわけです。
災害にあった労働者はただちに会社へそのことを申告することで、一般的な会社であれば労災の手続きを取ってくれます。

乗っているバスが事故にあった場合

通勤方法、経路が合理的であれば通勤災害の対象になる

通勤中に乗っているバスが事故にあった場合、そのことで怪我を負ってしまったなら、当然通勤災害と認定され、労働保険の補償対象となるでしょう。
通勤がバスでも電車でもマイカーでも、それが経路を含め合理的であると判断されているならば、そこで生じた災害は通勤災害と認定されることになります。

通勤災害認定には、費用コストは考慮されない

通勤災害認定については、経済性、つまりバスと電車でどちらの費用コストが低かったかなどは問題になりません。

多くの会社では、仮にマイカー通勤であっても、公共の交通機関利用時の通勤交通費しか支給しないケースもありますが、通勤災害認定において、そうした費用コストは考慮されないのです。

通勤災害が認定される諸条件について

普段使用している交通手段ではなかった場合

なんらかの理由で普段は電車通勤の人が、たまたまバスで通勤しているときに災害に巻き込まれたケースはどうなるでしょう。

これはその通勤手段に相応の合理性があったかが問題なります。

たとえばその日電車が人身事故で運転を見合わせていたなら、当然他の手段で出勤しようとすることは合理性があります。

わゆる「立ち寄り」など、業務の一環で別の経路による出勤となった場合も同様といえるでしょう。こうしたケースでは、普段使用していない通勤手段でも通勤災害の認定範囲とみなされます。

会社に申請していない通勤手段で起きた事故の場合

会社では通常、最も経済的な通勤経路を申請することになります。しかし、経済的であっても始発駅の関係など、快適性からあえて申請していない経路での通勤をしている人もいるでしょう。

あるいは病気の家族を看病していて、その日は病院から直接出社するケースなども考えられます。
こうしたケースの多くでは、通勤災害が認められることになります。ただし、前日徹夜で飲み歩き、翌日はカプセルホテルから出社した場合などは、認定対象外となるケースもあるので注意が必要です。

また、申請している通勤手段であっても、普段使用していない、合理的でない交通手段であれば、やはり認定対象外となる可能性があります。

詳しくはこちらの記事へ→交通事故を起こしてしまったら!?(加害者編)

通勤災害認定について知っておくべきことポイント

逸脱と中断を知っておこう

通勤途中、通勤とは直接関係ない事由で経路をそれることを「逸脱」、通勤と関係ない行為そのもを「中断」と呼びます。

例えば桜の時期であれば、時間があるからとわざと遠回りして桜の名所を通った場合、経路から外れていることは「逸脱」であり、花見の行為が「中断」というわけです。

このように「逸脱と中断」が行われている場合での災害は、通勤災害として認定されることはありません。
さらに、花見を終えて通常の通勤経路に戻ったとしても、以後の移動はやはり通勤とはみなされないことになります。

逸脱や中断とはみなされない行為

通勤中トイレに行きたくなって途中下車した場合や、コンビニや売店などで雑誌を購入した場合など、仮に通勤経路から一部外れているケースであっても、ある程度は通勤と見なされることになります。

マイカー通勤の人が給油のためにガソリンスタンドに訪れることも、帰宅時に立ち寄る託児所なども、通勤の範疇とされるのが一般的です。