増えていくカビをどうにかしたいなら

増えていくカビをどうにかしたいなら!?


ちょっと油断するといつの間には発生してしまうカビ。

アレルギーの原因となったり、食品をダメにしてしまったり、汚れや不快な臭いを発生させたりと、人間が生活する上で「大いなる敵」とも言うことできるカビ対策を、ここでは取り上げてみようと思います。

カビの発生条件 人体への影響など

カビが好む発生条件とはなにか

カビは菌類の一種であり、湿度、温度、栄養源という三つの要素がそろえば、およそどこにでも発生してしまいます。
具体的には湿度が70%以上で気温が25度から30度程度であれば、最も好条件といえるでしょう。

また、栄養源はたいていの有機物が対象となりますから、人間が生活している条件下では、ほぼどこでも発生することができると言えるかもしれません。

カビが及ぼす人体への影響

カビはそれ自体、人類の役に立つものも多くあります。例えば地表や土壌では枯れ葉などを分解してくれていますし、チーズや納豆、日本酒や醤油やみそなどもカビの作用によってつくられています。

さらにペニシリンなどは最も有用なカビの活用方法といえるでしょう。

しかしその一方で、カビはアレルギー物質となることが知られています。呼吸器から取り込まれたカビが、気管支炎や喘息、鼻炎などを引き起こすことが知られています。さらにカビた食品が発がん性の危険をもつことや、肝炎の原因となることもわかってきました。

詳しくはこちらの記事へ→「混ぜるな危険」の洗剤を混ぜてしまったら!?

カビの発生場所をチェックしてみよう

水回り

カビが湿気を好むことから、水回りは要注意スポットということになります。具体的にはキッチン、お風呂場、トイレなどですが、どこも水分と栄養分に事欠かないことがわかります。

対策としては、換気を常に充分に行うことともに、栄養源となるようなものは極力排除するため、こまめに掃除をすることですが、これがなかなかできないものなのです。

エアコン内部

毎日開けて掃除するということがないエアコンですが、内部はカビの温床となりがちです。エアコンはその機能上、室内外の湿気を取り込んだり排出したりするわけですが、エアコン内部に残ってしまう湿気を完全に取り去ることが、構造上難しくなっているのです。

空調が暖房から冷房に切り替わる時期、そしてその逆の時期には、必ず内部を徹底的に掃除する必要があるでしょう。
もちろん、日ごろからこまめに掃除することは、カビの発生を抑えるためにも、電気代の節約にも有効なことです。

ひとたびカビが発生してしまえば、使うたびにそれをまき散らしてしまうエアコンですから、要注意といえるでしょう。

布団、絨毯、カーペット

布団やカーペットも、条件が整えばやはりカビの発生源となってしまいます。特にカーペットはダニの発生とともに、掃除機がけをしていても、なかなか抑えることができないものです。

ポイントは、やはり換気ということになりますが、カーペットの上の段ボール箱をずっと置いておくだけで、湿気がたまってカビが発生する条件になります。
極力カーペットの上に物は置かないか、スノコなどを利用するのも良い方法です。

押入れ

住宅のなかで盲点となりやすいのが押入れです。普段あまり開閉しないような場合は特に危険で、衣替えの季節になって発覚することもしばしばです。

押入れ内部にはカビが直接発生するようなものがないと思われますが、実際にはノートの端にこぼれていたジュースのシミや、段ボールなどにも発生します。

ポイントとしては、押入れの扉をほんの少し開けて換気しておくだけで、かなりの効果があるようです。
大切なものをしまっている場所でもある押入れですから、カビ対策を怠らないよう注意しましょう。

カビ対策のコツを考える

まずは何より予防対策

特にお風呂場などで有効な方法は、水分と温度を徹底的に除去することです。浴室には使用後に必ず石鹸カスなどが残りますから、まずはそれをお湯で洗い流し、さらに冷水をかけて仕上げます。これは浴室の温度をカビが好むレベルにしないためです。

最後に余分な水分を極力拭き取るようにしておけば、カビも簡単に発生しなくなります。

窓拭き用のゴム製のスクイジーなどは、水分を除去する際に役立ってくれます。
湿度、温度、栄養源を除去することができれば、カビへの予防対策として効果が期待できます。

発生したカビの除去

どんなに予防対策を講じたとしても、人間が生活している以上、カビが全く発生しないということはないでしょう。
それではどのようにすればカビをキレに除去できるでしょうか。

お風呂場に発生したカビについては、市販のカビ取り剤や漂白剤を使用することで、かなりの効果が期待できます。一度で落ち切らなくとも、何度も辛抱強く処理すれば、かなりの効果が期待できるのです。