「混ぜるな危険」の洗剤を混ぜてしまったら

「混ぜるな危険」の洗剤を混ぜてしまったら!?


漂白剤やトイレ洗剤、お風呂場の洗剤などによく表示されている「混ぜるな危険」の文言で、だれでも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
しかしこの「混ぜるな危険」という言葉、いったい何と何をまぜてはいけないという意味なのでしょう。

あるいは混ぜるとなにが起きるのでしょう。
ここではいまさら聞けない「混ぜるな危険」について、考えていこうと思います。

混ぜたらどうなっちゃうの?何がダメなの?

何と何を混ぜてはいけないのか

家庭で使われる漂白剤の多くは「塩素系漂白剤」と呼ばれます。ここにトイレ用洗剤などでよくある「酸性物質」を混ぜると有毒ガスが発生することが知られています。
これが塩素ガスです。

塩素ガスは非常に毒性が強く、人体に取り込まれると中毒症状を起こします。第一次世界大戦でドイツ軍が化学兵器として使用したことからも、その毒性がうかがえます。
トイレ用の洗剤でなくとも、酸性物質は身の回りにたくさんありますから、塩素系漂白剤にはなにも混ぜないと覚えておくほうが良いでしょう。

塩素ガスを吸い込むとどうなるか

塩素ガスの毒は、呼吸器、特に粘膜にダメージを与えます。人間が大量の塩素ガスにさらされると、目や呼吸器の粘膜が刺激され、咳き込んだり、ひどいときには嘔吐するような症状が出ます。

特に呼吸器系へのダメージが深刻である場合は、呼吸不全となって死に直結する場合があるため、注意しなければならないのです。

また、皮膚や髪の毛に直接塩素ガスが触れると、その部分に炎症が生じることがあります。衣服に付着した場合はすぐに脱いで対処するなど、慎重な対応をするようにしましょう。
実際に死亡事故も起きている塩素ガスのトラブルは、決して他人事ではないものなのです。

発生する毒から命を守るための対処法

塩素ガスによる被害や症状の具体例

塩素ガスによる影響は全身に生じます。特に粘膜は敏感に反応するので注意しましょう。
呼吸不全
喉の炎症と痛み
嘔吐
目の痛み
*皮膚へのダメージ 火傷に似た症状など

塩素ガスの発生は、実際にその症状が出るまで気づかないことが多いわけですが、いざ症状が出たときに、その原因が洗剤と漂白剤が混ざったことだと気が付かなければ、事態はどんどん悪化してしまいます。

塩素ガスによる被害 その対処方法 応急処置など

実際に上記のような症状が出たなら、まずは塩素ガスを疑いましょう。
洗剤と漂白剤が混ざるような状況が起きる場所は、台所、お風呂場、トイレといったところですが、とにかくまずは換気を徹底することです。

また、仮に塩素ガスの発生元が分かったとしても、不用意に近づくことは避けましょう。化学反応が継続していれば、常に大量の塩素ガスが発生している危険性があるからです。
まずは換気を充分に行い、ガスの発生が収まったら次の対応を取るようにします。

塩素ガスによる被害症状別対応

皮膚や目に痛みがある場合、すぐに水道水で洗い流すようにします。火傷に似た症状が出ることもありますが、とにかく流水を使ってしつこいぐらい洗い流すことが重要です。
また、同時に少なからず塩素ガスを吸い込んでいる可能性がありますから、可能な限り新鮮な空気を取り込み、できれば屋外で深呼吸をしましょう。

そのときは平気と思っていても、あとから急に具合が悪くなって嘔吐するというケースもあります。充分に注意しましょう。
症状がおさまらず、不安に感じているならすぐに病院へ行きましょう。場合によっては救急車を呼ぶことも必要になります。

うっかり混ぜる事故を起こさないために

保管には細心の注意を払いましょう

特にちいさな子どもがいるような家庭では、誤飲事故がもっとも警戒すべきものです。特に子どもが飲んでしまった場合、生命の危機もあり得るわけですから、保管場所は決して子どもの手が届かない場所にしなければなりません。

また、実際に使用する際は、知らないうちに塩素ガスが発生してしまうリスクに対応するため、必ず換気を行い、間違っても密閉空間では使用しないようにしましょう。
液の飛び跳ねなどにも注意が必要で、手袋やゴーグルがあればベストです。

危険であるという認識は常にもつこと

人間は慣れてしまう生き物で、危ないと分かっていても、何度も使っているうちに、扱いがついついおろそかになってしまうものです。
このくらいは大丈夫だろうとか、少しくらいは平気だろうという意識は、この際きっぱりと捨ててしまいましょう。

もちろん、漂白剤を塩素系ではなく酸素系のものに変えるのは根本的な解決策として有効です。
いずれにしろ塩素が劇物であるという認識は、必ず心のどこかにとどめておきましょう。

まとめ

漂白剤は家庭の掃除や洗濯などに欠かせないアイテムです。しかしその強力な効果の見返りに、ひとたび扱いを間違うと、非常に毒性の高い塩素ガスを発生させてしまいます。
混ぜるな危険はそうした危険を回避するためのシンボルですが、仮に塩素ガスが発生してしまった場合でも、換気や応急処置などの正しい対応を取ることができれば、被害は最小限度で食い止めることができるのです。