隣人の騒音に我慢できないときは

隣人の騒音に我慢できないときは!?


特にマンションやアパートの「住まいのトラブル」で、もっとも多いのが騒音問題です。

音に対する感覚は人それぞれですが、一度気になりだすとなかなか我慢できないのがこうしたトラブルの厄介なところでしょう。

ある日突然引越してきた隣人が、そうしたトラブルを引き起こす可能性も十分にあります。
あなたの生活を脅かす「我慢できない騒音問題」について、対処方法を考えていきましょう。

まずは冷静に騒音の原因を探ってみる

ひとくちに騒音といっても、そのタイプはさまざまです。まずはその騒音の正体がなんなのかを見極めて、適切な対応を考えるようにしましょう。

テレビ、オーディオ、話し声などの騒音

生活音のなかで、ついつい大きな音になりやすいのがテレビやオーディオの音声です。たとえばテレビ番組のなかには、番組放送とコマーシャルの音量が明らかに違う場合もありますから、ついつい無意識に音量が上がってしまうこともあるようです。

こういったスピーカーなどの騒音について我慢できないときは、直接「○○の音量をもう少し下げてもらえませんか?」とお願いするのが良いでしょう。よほどのことがないかぎり、ある程度控えめにしてくれるものです。

ただし、その騒音の元がどこなのかはよく確認したほうが良いでしょう。マンションなどの構造によっては、隣室から聞こえていたと思っていた騒音が、実は階下からのものだったなんてこともあるのです。

騒音に腹を立て、決めつけるような物言いで文句を言ってしますと、取り返しのつかないことになるケースもあるので注意しましょう。

壁や床をたたく音が聞こえたら

隣室から壁、階下からは床、階上からであれば天井を叩く音がずっとしているときは、おそらく意図的に行っていると考えて間違いないでしょう。

しかしその行為自体、たとえばあなた自身に対してなにかしらのメッセージを送っている可能性もあります。
実際、隣室がうるさいときに取る行動はという調査で、壁を叩くと答えた人は多いそうです。

そういった意味で、まずは自分の生活音がどの程度だったかを考えてみる必要はあるでしょう。ただし、自分が明らかに静かにしているにも関わらず、そうした行為が行われているようであれば、これは別の理由を考えなければなりません。

いずれにしろ一度対象の部屋を訪問し、「うるさかったでしょうか?」と下手に出て確認するのは良い方法です。

原因がわかったら何をすべきか

故意に行われていないと思われるケース

明確な意図がないような騒音については、やはり相手が無意識である可能性をまず考えなければなりません。

もっとも建設的で穏便な解決方法としては、対象となる部屋の住人と会ったときに、「最近なんだか騒音が気になる」といった趣旨のことを、それとなく告げることです。

カンの良い人であれば、もしかしたら自分のことかもしれないと考えるでしょうし、逆に「実は自分もそうだ」というような告白情報が聞けて、原因が別にあることがわかるかもしれません。

いずれにしろ、これからの生活のことを考えれば、波風が立たないように注意するべきでしょう。

明らかに故意、あるいは嫌がらせと思われる場合

相手がはっきりしていて、あまりにも度を越した騒音を出している場合は、毅然とした態度でのぞむ必要があります。
マンションやアパートであれば、まずは管理会社か大家さんに相談しましょう。多くの場合、管理会社も大家さんも、文書で相手へ通達をしてくれます。

この時点で収まれば良いのですが、大きな騒音を故意に出す人間は、一時的に収まったとしても、また徐々に騒音を出してきたり、あるいはまったく聞く耳をまたないことが多いようです。

こうした場合はさらなるトラブルに発展することもあるため、慎重な対応が必要になります。

最終手段として考えられる対応とは

警察に介入してもらう

警察に相談するのは、最終手段であり、同時に最も効果的な方法です。
騒音の度合いにもよりますが、たいていの場合、警察はその原因となっている部屋に住人を直接訪問し、注意してくれます。

管理会社や大家さんの通告は無視していた人間でも、相手が警察となると途端に態度を改めるケースも多々ありますから、効果を考えると一番有効な方法です。

ただし、仮に匿名で依頼したとしても、いずれその住人との軋轢は決定的なものとなりますので、その覚悟は必要になります。

詳しくはこちらの記事へ→ ストーカーされてるかもしれないときは!?

さっさと引っ越す

実はこれがもっとも有効な対応策です。もちろん騒音に悩む多くの人が、被害者である自分がお金をかけて逃げ出すような「引っ越し」という結果に、納得できない感情を覚えるものです。

しかし、冷静に考えれば、我慢できないほどの騒音を出す住人がいる状況は、果たして守るべき住環境と言えるでしょうか。
そこで受けるストレスを考えれば、引っ越し費用程度は問題にならないと割り切れるかもしれません。